外国人雇用に関するホテル向けビザ取得ガイド

ブログ

近年、ホテル業界では外国人労働者の雇用が急速に増加しています。この動向は、日本の観光業がますます国際化し、多様なニーズに応えるために必要不可欠な要素となっています。ここでは、ホテル業務における外国人雇用の最新動向について詳しく解説します。

ビザの種類とその特徴

技術・人文知識・国際業務ビザ

このビザは、外国人が専門的な知識や技術を用いて働く場合に必要です。ホテル業務においては、フロントスタッフやマネジメント、マーケティングなどの職種が該当します。

  • 条件: 大学卒業以上の学歴、または一定の実務経験。
  • 期間: 1年、3年、5年など、状況に応じて異なります。

特定技能ビザ

特定技能ビザは、特定の業種で即戦力となる外国人労働者を対象としています。ホテル業務においては、ハウスキーピングやレストランスタッフなどが該当します。

  • 条件: 試験に合格するか、一定の実務経験を証明すること。
  • 期間: 最長5年間。

技能実習ビザ

技能実習ビザは、外国人が日本の技術や技能を学びながら働くためのビザです。ホテル業界でも、実習生として雇用するケースがあります。

  • 条件: 技能実習計画の認定を受けること。
  • 期間: 最長3年間。

ビザ取得の手順

1. 必要書類の準備

ビザ申請には、以下の書類が必要です。

申請書: 入国管理局のホームページからダウンロードできます。
写真: 指定サイズの写真を用意。
在留資格認定証明書: 雇用先が発行。
雇用契約書: 労働条件を明記したもの。
その他: 申請するビザの種類に応じた追加書類。

2. 在留資格認定証明書の申請

雇用先のホテルが入国管理局に申請します。審査には通常1ヶ月から3ヶ月かかります。

3. ビザ申請

在留資格認定証明書が発行されたら、外国人労働者が母国の日本大使館または領事館でビザを申請します。必要書類を提出し、審査を通過するとビザが発給されます。

4. 入国と在留カードの受け取り

ビザを取得した外国人労働者は日本に入国し、空港で在留カードを受け取ります。これを持って正式に労働を開始します。

ビザ更新と変更の手続き

更新手続き

ビザの有効期限が近づいたら、更新手続きを行う必要があります。更新申請は、有効期限の3ヶ月前から可能です。

  • 必要書類: 更新申請書、写真、在留カード、雇用契約書、その他関連書類。
  • 手順: 入国管理局で申請し、審査後に更新が認められます。

在留資格の変更

在留資格の変更が必要な場合も、同様に入国管理局に申請します。例えば、技能実習ビザから特定技能ビザへの変更などです。

  • 必要書類: 変更申請書、写真、在留カード、新たな雇用契約書、その他関連書類。
  • 手順: 入国管理局で申請し、審査後に変更が認められます。

ビザ申請時の注意点

正確な情報提供

申請書類はすべて正確に記入し、虚偽の情報を提供しないように注意します。不備がある場合、審査が遅れたり、申請が拒否される可能性があります。

早めの準備

ビザ申請には時間がかかるため、早めに準備を始めることが重要です。特に繁忙期には審査が遅れることがあるため、余裕を持って申請を行います。

専門家の活用

ビザ申請の手続きが複雑な場合、行政書士や弁護士などの専門家の支援を受けることが有効です。適切なアドバイスとサポートを受けることで、スムーズな申請が可能になります。

まとめ

外国人労働者のビザ取得は、ホテル業務において重要な手続きです。適切なビザを取得することで、外国人労働者が安心して働ける環境を提供し、ホテルのサービス向上につなげることができます。本ガイドを参考に、効果的な外国人雇用を実現しましょう。

行政書士DNR事務所では

外国人を雇用する際、特に初めての雇用にあたってはぜひ弊事務所にご相談ください。特に観光ホテルに就職する外国人ビザに関しましては専門分野です。既に御社に顧問の弁護士などついていたとしてもセカンドオピニオンとして無料相談を活用してみてはいかがでしょうか?

\\これから外国人雇用をお考えの企業の皆様/
御社の外国人採用・就労ビザ取得のお悩みを解決いたします!

まずは無料でご相談承ります!



就労ビザ在留資格認定証明書交付申請
(海外からの呼び寄せ)
¥90,000+税
就労ビザ在留資格変更許可申請
(留学生などすでに日本に住んでいる外国人の雇用)
¥80,000+税
就労ビザの更新
(転職なし)
¥35,000+税
就労ビザの更新
(転職後はじめての更新)
¥90,000+税
収入印紙代 ¥4,000込