外国人採用時の面接NG質問例

ブログ

外国人採用時の面接NG質問例

外国人面接で注意すべきNG質問とは

外国人を面接する際には、適切な質問をすることが重要です。以下は、避けるべき質問の例です。

  • 国籍に関する質問:国籍は採用決定に直接関係ありません。
  • 宗教に関する質問:信教の自由があるため、宗教について尋ねることはNGです。
  • 結婚や家族構成に関する質問:個人のプライバシーに関わる質問は避けるべきです。

面接マニュアルに欠かせないNG質問リスト

面接時に避けるべきNG質問をマニュアルに含めることは重要です。具体的には以下のような質問があります。

  • 「母国ではどのような政治体制ですか?」
  • 「休日にはどのように過ごしていますか?」
  • 「特定の食文化や習慣がありますか?」

外国人採用時のNG質問とその理由

NG質問を避ける理由は、応募者のプライバシーを尊重し、公平な選考を行うためです。また、法律に抵触する可能性があるため、慎重に対応することが求められます。

外国人面接準備のポイント

在留カードや在留資格の確認方法

面接前に在留カードや在留資格の確認を行うことが必要です。具体的な確認方法としては、カードの有効期限や在留資格の種類を確認します。

日本語能力チェックの重要性

日本語能力のチェックは、業務遂行能力を見極めるために重要です。日本語能力試験(JLPT)の結果や、簡単な会話を通じて評価します。

技能実習生や特定技能応募者への対応

技能実習生や特定技能応募者には、制度や資格に応じた適切な対応が求められます。制度の理解と適切な手続きが必要です。

外国人エンジニア面接でのNG質問

外国人エンジニア採用時の注意点

外国人エンジニアを採用する際は、技術的な能力だけでなく文化的な適応力も評価することが重要です。

外国人エンジニア面接時の具体的なNG質問例

  • 「あなたの国ではどのような技術が主流ですか?」
  • 「どの宗教を信仰していますか?」
  • 「家庭の状況を教えてください。」

外国人エンジニアの能力評価方法

エンジニアとしての能力評価には、ポートフォリオや実績、具体的な技術面接が有効です。技術課題やコードレビューを行うと良いでしょう。

応募者の文化、宗教、国籍に配慮した面接

国籍による差別を避けるためのポイント

応募者の国籍に基づく差別を避けるため、評価基準を統一し、透明性のある面接を心がけます。

宗教に関する慎重な取り扱い

宗教についての質問は避け、配慮が必要な場合は本人の申告に基づいて対応します。例えば、礼拝の時間や食事制限などを尊重します。

文化理解を深めるためのステップ

異文化理解を深めるためには、事前に応募者の文化背景を学び、コミュニケーションにおいて配慮を示すことが重要です。

外国人応募者の履歴書・経歴の確認方法

外国人応募者の学歴・経歴の確認事項

外国人応募者の履歴書や経歴を確認する際は、学歴や職歴の信憑性をチェックし、必要に応じて書類の原本を求めます。

経歴に基づく質問の注意点

経歴に基づく質問は、具体的な業務内容や達成した成果に焦点を当て、個人情報に立ち入らないようにします。

外国人応募者の技能・経験の把握

技能や経験を把握するためには、具体的なプロジェクトや職務内容について詳細に尋ねると良いでしょう。

外国人面接時のコミュニケーション方法

やさしい日本語の使用方法

外国人応募者とのコミュニケーションには、やさしい日本語を使用し、簡潔でわかりやすい表現を心がけます。

通訳者の必要性と選び方

通訳が必要な場合、信頼できるプロフェッショナルな通訳者を選びます。応募者の母国語に精通した通訳者が望ましいです。

言語の壁を越えるコミュニケーション能力

非言語コミュニケーションや、視覚的な資料を活用して、言語の壁を越える工夫をします。

外国人採用後の就労ビザ・在留手続き

在留資格の取得と維持方法

外国人を採用する際は、在留資格の取得およびその維持方法について正確な知識が必要です。定期的な確認と更新手続きを怠らないことが重要です。

就労ビザ申請の注意点

就労ビザの申請には、必要書類を漏れなく準備し、期限内に申請することが求められます。専門家の助言を得ることも有効です。

在留カードの確認と管理

在留カードの確認と管理は、雇用者の責任です。定期的に有効期限をチェックし、必要に応じて更新手続きを行います。

外国人労働者の雇用条件と待遇

雇用条件の説明と理解

外国人労働者に対して、雇用条件を明確に説明し、理解を得ることが重要です。契約書は母国語で用意することも検討します。

給与・待遇についての具体例

給与や待遇については、具体的な例を示し、透明性を持って説明します。例えば、昇給やボーナス制度、福利厚生について詳細に伝えます。

外国人労働者の福利厚生

外国人労働者に対する福利厚生には、日本の社会保険制度や健康管理制度を適用し、安心して働ける環境を整えます。


国内の人手不足に伴い、大小問わず外国人を雇用する企業も多くなりました。特に飲食業、宿泊業においては、人手不足を契機に求人を募集した企業のうち約60%が「募集しても、応募がない」と観光庁が発表しています。

相反して、雇用する側に外国人雇用の際に知っておかなければならない情報が伝わっていない気がします。知らなくても罪になってしまう「不法就労助長罪」というものもあります。

外国人を雇用する際、特に初めての雇用にあたってはぜひ弊事務所にご相談ください。既に御社に顧問の弁護士などついていたとしてもセカンドオピニオンとして無料相談を活用してみてはいかがでしょうか?

\\これから外国人雇用をお考えの企業の皆様/
御社の外国人採用・就労ビザ取得のお悩みを解決いたします!

まずは無料でご相談承ります!



就労ビザ在留資格認定証明書交付申請
(海外からの呼び寄せ)
¥90,000+税
就労ビザ在留資格変更許可申請
(留学生などすでに日本に住んでいる外国人の雇用)
¥80,000+税
就労ビザの更新
(転職なし)
¥35,000+税
就労ビザの更新
(転職後はじめての更新)
¥90,000+税
収入印紙代 ¥4,000込