配偶者ビザ専門の行政書士

配偶者ビザ専門の行政書士

配偶者ビザが不許可になることを防止いたします

入管には配偶者ビザを申請するための手続きは公開されていますが、その他に配偶者ビザには基準があり、その基準は公開されてはいません。配偶者ビザの審査基準に従いヒアリングを行い、必要に応じた証明書を添付することによって、不許可される可能性を低くいたします。

あなたの代わりに配偶者ビザに必要な書類を収集いたします

配偶者ビザを申請するための書類集めは慣れていたとしても時間のかかるものです。ご自身の状況によっては、自ら書類を作成したり、証明書を添付する必要があります。特に配偶者ビザでは、ご夫婦2人分の書類が必要です。手間のかかる書類収集はお引き受けいたします。

あなたの代わりに配偶者ビザを代理申請いたします

配偶者ビザを申請するためには入管に行く必要があります。時期によっては待ち時間が数時間になることもあり、そして、書類の不備などで受理されなかった場合にはまた後日行かなければなりません。行政書士は、書類に不備があった場合においてその場で修正が認められ、代理で提出することができる資格です。ご夫婦が入管に行くことなく代理で手続きをいたします。

配偶者ビザ申請のための時間を節約いたします

状況判断、書類収取と作成、入管への提出を全てご対応いたします。ご夫婦の結婚生活を出来るだけ早く実現するために、確実で迅速な手続きをいたします。もし、不許可処分になった場合においても、不許可の理由を聞き次の申請に必要な対応いたします。

行政書士DNR事務所の特徴

豊富な経験と高い対応力

代表行政書士自身が国際結婚をしたため、入管手続きだけでなく国際結婚における手続きに対応することができます。最新の動向を確認と分析し、それに基づいて業務を行い経験と知識をご提供できます。

東京に密着した営業

東京都荒川区西日暮里に事務所を設置し業務を行っております。事務所に訪問していただいてもかまいませんし、必要であれば出向しご案内しておりますので、遠方の方でも、臨機応変に対応いたします。

ご夫婦それぞれビザ申請書類

配偶者ビザの申請にとって、ご夫婦ごとの状況をヒアリングし状況把握することは、不許可処分の確率を下げるため重要です。しっかりと信頼関係を築き申請し許可処分までお手続きさせていただいております。